一級建築士×バイオリニスト=代表ブログ(スタッフブログ)

アンサンブル・コアのお話

2008年10月、私達は弦楽アンサンブル・コア(通称・ブルコアと言います)を結成しました。

高齢者福祉施設、児童福祉施設等を中心に35回程のコンサートを行って来ました。

メンバーは、現在18名程居ります。

ヴァイオリン、ビオラ、チェロ全て自前で揃っています。

因みに、小生最近はもっぱらビオラ担当です。

メンバーにはプロのバイオリニスト、プロのピアニストも居ますが、決まった指導者は居ません。

メンバーだけで四苦八苦しながら音を創り上げています。

必要に応じて何人かの先生にご指導、アドバイスを頂くことは有ります。

アレンジ出来るメンバーもいる為、レパートリーの中にはオリジナルアレンジの曲も結構有ります。

腕の差、知識の差は有りますが、音楽表現、音楽行為に対する思い は同じ。つもり!

メンバー個々が代表で有るくらいに思って活動しています。

「一人は皆のために、皆は一人のために」がモットーです。

今の所チームワークは抜群です。

コンサート予定が入ると、其の都度参加メンバーを募ります。

強制参加ではないので、都合のつかない時は参加しなくてもOK。

コンサートごとにチームを作りコンサートに臨んでいます。

そんな環境の中では価値観や情報は出来るだけ共有しなければならないと考えています。

現実的には中々難しい面も有りますが、何に於いてもお互いのコンセンサスを取りながら活動して行く事が大事と思っています。

何時かは「ブルコアの音」を創りたい

遠回りする事になるかも知れませんが、急ぐ必要もない。

そもそも、メンバーの多くは、武蔵小金井に有る宮地楽器の弦楽アンサンブル講座で出会いました。

多様な生活様式、人生感を持つ人々が、何の因果か弦楽アンサンブル講座に集い、知り合い、力を合わせ、互いを補い、意識を一つに集結し演奏することにより音を紡ぎだす。

出来はどうあれ、完成後の達成感、充実感、快感は筆舌に尽くし難く、すっかり魅了されてアンサンブル依存症。

もう、やめられなくなってしまいました。

折しも仲間の紹介で、高齢者福祉施設での訪問コンサートの依頼を頂き、有志が集まって演奏会を開く事になりました。

やろう!

1回限りのつもりが、気が付けば早、4年・・・

最近はお互いの気心も知れて、練習の際、活発な創造的な議論が交わされています。

厳しい時も有りますが、楽しいもんです。

去る4月8日(日)府中の森芸術劇場 ウィーンホールにて宮地楽器音楽教室主催の「第8回アンサンブルの集い」コンサートに私達もOBチームとして参加しました。

これからもメンバーの思いが一つの方向に向いている限り、演奏活動を続けて行きます。

会社概要

社名有限会社
福沢建築設計工房

所在地
〒187-0045
東京都小平市学園西町1-26-11
TEL042-341-2115
FAX042-400-5530

MAP